にほんブログ村 海外生活ブログへ

ちょっとお金ボラれた(?)話

カンボジア × バックパッカー といえば
定番のバイクブンブン言わせて田舎町
走って、うおおー!俺旅してるぜ!感を
出していくもんなんですよ(持論)


ただ僕、バイクの免許なんて持ってないし
原付すら運転したことないんですよ、、

でも、やりたいじゃないですか。そういうの。
調べてみたんですよね125cc以下ならシェムリアップバイク運転するの免許いらないみたいなんです、、、 揺れましたね。

もっと調べていくとE bikeっていうバイクと自転車の間のやつレンタル1日10ドルで貸し出しがあるんです。免許不要で。

何事も挑戦!ということで、チャレンジしてみました^^ ゲストハウスのオーナーの方に聞くとハードロックカフェの目の前のバイクが結構いいの使ってるらしくてそこで借りることに。

10ドル払ってパスポートをデポジットとして渡していざ乗ろうとするも



乗り方がわからない(^_^)


教えてって、にいちゃんに聞いたら
は?まじ?乗ったことないの?
みたいな顔された... カンボジア って小学生くらいの子でも運転してるんですよ...
しかも3人乗りとかで...

免許の保持率なんかも低いみたいで...
(今日乗ったバイタクのおっちゃんは免許持ってたのか?!と不安になる)


で、少し道路で練習して、
『もう行って来ていいよ〜』って言われたから
とりあえず道なりに進んでみる



!!!


!!!!


!!!!!


旅してる感超出てるやん!!


自然に囲まれた一本道を走るのは爽快で(あくまでも20キロ程度)、素敵な景色が待ってました。


トンレサップ湖に向かう道の途中で
水上生活村が見えて来た。

写真を撮ってると
『おーい日本人!』って呼ばれて振り返ると
その村の中の住人から呼ばれた。

中入っていいよ〜〜って言われて、
観光客いなかったし、お金とられそうやなぁって思って、んー、ここ入るのにいくら?って聞いたら『フリーフリー!』っていうからバイク止めようと思ったら、まあ慣れないバイクなんでうまくUターン出来ずに、その声かけて来た兄ちゃんがね、バイクを乗っ取ったんですよ、俺に貸してみろ!、と言わんばかりに。

そしたら彼は自分がエンジン切ったって思っててバイク動かしてたときにハンドルのところクイッてやってしまって、お仏壇に激突ですよ、、、


少しお仏壇傾いた。


僕のバイクも傷ついた。
横の方割れちゃったし。
走るたびにグワングワンなる。


真ん中も少し割れた。



兄ちゃん『俺は悲しい。お前のせいだ。ほら、うちのブッダ様が...』


えっ。これ僕のせいかな...


近くで見てた家族もみんな僕を睨む...
悲しい... 50:50じゃん?

『お前壊したからお金払え』

って言われてなんとも理不尽過ぎたから
いやって言ったけど家族からの圧がすごかった...


そのあともういいやこの村は見ないと思って帰ろうとしたけど、にいちゃんが俺についてこい!って言って、断ったけど、まあいいから!ほら!みたいな感じで半強制的に連れていかれて、


村を歩いてる時彼はこの村について説明してくれたんだけど何せ、バイク傷ついた後で、おそらくこいつ金とるやんっていう不安の中、彼が撮った写真がこちら


笑えって言われたけど笑えるはずないww


まあでも正面から入ったらお金払わないといけない山があるんだけどそこまで連れてってもらって、素敵な景色は見れた。


ただやっぱ観光客なんていなかったよ...
大人は物珍しそうに僕のこと見て来た。
子どもの笑顔はすっごく可愛かったけど!


で、元の場所に戻って来た時!
Tip is up to you! Maybe 20$ or 30$
とか言って来た、、、

いやたったの、15分じゃん...
そんなわけないじゃん...

少しだけ気持ちとして渡しときました、、
入らせていただいたので、、、



そして昨日シェムリアップ からプノンペンに移動!バンがちっちゃかった!ちっちゃ過ぎたよ!おしり痛い!!!!

今日は大学の海外研修で出会ったカンボジア 人ラトキヨと夜ご飯に!!太ってたwww


鍋食べ放題連れてってくれたり、美味しいシェイク飲ませてくれたり、また会えると思ってかったから良かった^^たべほなのに700円...破格


平和に見えるでしょ?プノンペン
今ゲストハウスの受付の前座ってたらね
イギリス人の女性がひったくられたって
泣きながら帰って来たよ。血が出てた。
バック盗まれたって。怖い。ここは日本ではないと再確認しました。気を引き締めましょう


↓クリックお願いします٩( ᐛ )و

にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ